さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

普段と変わらない日常を

今日は大晦日です。一年の終わりということで今年を振り返ってみると、様々なことがありました。一年の初めから中国へ旅行に行き、その後は香港に戻って留学を終え、日本にちょっと戻ったらセブに滞在しました。11月に戻ってきたかと思うとすぐに卒論の執筆が始まり、慌ただしく月日が過ぎていきました。ただ夢中になって取り組めることがあったのは幸せで、充実した一年だったように思います。

去年に引き続き、実家ではない場所での年越しです。去年は海外だったので今年は日本にいる分近いですが、それでもやはりこれまでの経験からすると、いつもと違う特別な感じです。一番の理由は年末に祖父母の家に行く必要がなくなってしまったことですが、別の理由として自分自身の感覚が変わってきているということもありそうです。

大晦日だから特別であり、何か普段と違うことをしなければならないというわけではありません。特別かどうかは自分が決めることであり、過ごし方でどうにでもなります。ただ大晦日は多くの人にとって一つの節目であり、それ故にいつもとは違う雰囲気になるのも事実です。そこから伝統や風習というものも生まれてくるのだと思います。そしてそれらの伝統や風習に従うことが多かったからこそ、今それらとは違うことをするとちょっと特別に感じているわけです。特別だったものが特別ではなくなり、それ故に他の行動を特別たらしめる。面白いものです。

今後も色々なところへ行き色々な経験をしていけば、きっとまた特別なことの概念も変わっていくのでしょう。でもそれもまた面白そうで楽しみだなと思います。

 

それでは、また。