さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ(フィリピン)「続ける」ことを目標に毎日の気づきや時々現地の情報をお送りします。

あ、これ美味しい。のなつかしさ

みなさんおはようございます。

さいごーです。

 

昨晩は職場の方と食事会があり、美味しいお酒とエビをいただきました。
フィリピンのお酒といえばサンミゲルというビールなのですが、私はこのお酒が大好きです。大体どんなビールでも好きなのですが、サンミゲルは安くて美味しくてコスパを考えれば本当に最高だと思います。

そんな感じで昨日は楽しくお酒を飲んだのですが、今日は昨日までと全く変わらない時間のバスに乗って職場に来て、ネットを使ってやりたいことをやっています。
実は今のインターンシップは給与が出ない代わりに住居と食事が付いています。ということで、実際にはネットとご飯を求めて職場へやってきているわけです。

食事はビュッフェ形式で、自分で食べたいものを取って食べるのですが、私は毎回レタスのサラダをいただきます。言ってしまえばただの生レタスなんですが、シンプルで飽きが来ないので好んで食べています。ただでさえ野菜不足に陥るのが海外なので、とてもありがたいです。

それで、いつものようにレタスを取って食べると、なんだかいつもよりもおいしく感じたんですよね。お酒を飲んだ次の日というのもあるかもしれませんが、ここ最近、食事に対してずっと自己暗示がかかっていたかもしれないということに気づきました。
あまり時間の無い中でパパッと食べる必要があったり、そこまで好きではないけれども食事会だから味わうことなく食べなければならなかったりと理由は様々ですが、食材・料理の本当の味を楽しむことなく食事を終わらせていた時期が続いていたような気がしています。

そのような食べ方に慣れていると本当においしくて好きなものでもあまり味わうことなく食べてしまいます。そして、いつ何時何を食べるときにも、よく噛むことなく流し込むように食べてしまうのです。
これはせっかくの食事を楽しめていないということだけでなく、健康にも良くなかったのではないかと、今振り返ると思います。

ようやくそのことに気づけた今日は、大きな窓から射し込む日光を浴びながら、ゆっくりよく噛んで朝食をいただきました。
実際に変わったのは些細なことですが、これからよく噛むことをまた意識できるようになれば生活の質が大きく向上するのではないかと期待しています。

清々しい朝を迎えられたので、この土日はなんだか良いことがありそう?とワクワクしながら、今日はこの辺で。

それでは、また。

ぴょんぴょん飛び跳ねたい

みなさんおはようございます。

さいごーです。

 

早いものでセブに来て二回目の金曜日を迎えました。
今のインターンシップは人によって勤務日が違うので、一概に土日が休みとは言えません。ただ、私はごく一般的な土日が休みのスタイルなので、明日から二日間羽を伸ばせます。それでもネットが欲しくて職場には来るんですけどね(笑)

 

さて、セブに住んでいるとやっぱりセブやフィリピンのことを考えます。目に入ってくるものがセブやフィリピンのもの、人ばかりなので、当たり前かもしれません。
でも、一見すると当たり前なこのことが私をいろんなところへ住まわせる一つの大きな要因になっています。

今はセブに住んでいますが、将来セブを離れた後は、「セブに住んでいた」という表現をすると思います。これは、どこに住んでいても同じです。だから私は、「香港に住んでいた」人になります。私の場合、香港に住んでいたから、ニュースや何らかの記事で香港の話題が出てくると、目を通してしまいます。そして、実際に住んでいたときの経験に照らし合わせて、入ってきた情報について深く考えることができます。足りなければ、香港の友人に聴くこともできます。実際、香港の民主化についての特集番組が放送されたときは、見たことのある風景に感動しながら、さまざまな刺激を得られました。

ある場所に対して思い入れがあると、その場所に関連した情報をキャッチする力、情報を記憶する力、情報から分析する力が段違いに上がると思うのです。
そしてこの情報が「くっつく」という感覚が、私はとても好きなのです。
くっつけられる場所を増やしたくて、いろんなところに住んでみたい、そう思っています。これを私は、「ぴょんぴょん飛び跳ねる」と呼んでいます。

このように考えるようになったきっかけは、大学2年生のころです。高校生までは地元の香川県から離れたことがなかったのですが、大学で神戸へ出ていきます。そして、ご縁があって大学2年生の途中から、大阪府南部での生活を開始しました。岸和田市貝塚市泉佐野市といった泉州と呼ばれているエリアです。そうなると、愛着のある場所が一気に3つに増えたわけです。香川、神戸、泉州、そのどれもが好きになり、語れる場所になります。そしてそのあとは東京、香港にも住むことで、どんどん自分にとっての世界が広がっていきました。

ずいぶん前の記事で書いたのですが、私は拠点を増やして自分の世界を広げることがこの上なく好きです。そしてその好きな理由の一つが、このくっつけられる場所が増えるということです。

様々な情報をくっつけて、引き出しを増やしていく。このことを、リンクする力と呼んでいます。この呼び方は、中学校3年生の時の国語の先生に教えてもらいました。このリンクする力は、私の中でかなり重要な力の一つとして位置づけられています。リンクする力については、おそらく時々ブログの中でも出てくると思います。また改めてしっかりと今の自分の考えを書いてみたいですね。

いろんなところに住んでみたいという感覚について、まとめてみました。こういう感覚をしているので、私は旅行よりもその場所に住んでみたいと思います。

もし同じような感覚をお持ちの方がいれば、ぜひ話してみたいです。

 

少し長くなってしまいましたが、今日はこの辺で。

それでは、また。

早起きしています。

皆さんおはようございます。

さいごーです。

 

前の記事でも書いたように、セブの住居にはインターネット設備がありません。
そこで早起きをして朝早くに職場へやってきて、そこのネットでやることをやろう。どうせならブログもやってしまおう。という流れで今ブログを書いています。

そんなわけなので、個人的には割と早起きをしている感覚です。朝7時半のバスに乗るので、遅くとも7時には目覚めます。あんまり早く起きてもすることがないのでそんなに早く起きることはないのですが。また、時々6時半のバスにすることもあるので、そのときは6時おきですね。

これ、結構早くないですか?
ももっと早くに起きる生活をしていた時期もあったので、ぶっちゃけ普通くらいの時間だということは理解しているのです。でも、ここ最近の生活(留学中も含め)からすると、かなり早起きなんです。これだけはどうしても伝えたかった。

こんな感じで、早起き(笑)をしてブログを書いているのですが、ふと気づくんですよね。日本だと、もうすでに9時だということに。
私の個人的な意見ですが、朝の時間でいうと6時は早い、7時はまあまあ早い、8時はまあまあ遅い、9時は遅い。と認識しています。
つまり、「私のブログ投稿、、遅すぎ?」とか思うわけです。

ふとしたきっかけで、時差に気づきます。「時差があって良かった!わーい!」となるときもあれば、「時差のせいで・・・。ぐぬぬぬ」とかなるときもあります。
多分こんなことを言っているあたり、まだまだ海外初心者ということなんだと思います。言ってもたった一時間の時差ですからね。香港のときと変わりません。
ただ、一時間という小さな時差だからこそ、気になるときにすごく気にしてしまうっていうのは、違いますかね。

 

ということで、明日も早起きをしてまたブログに臨みたいと思います。
できれば少しずつバスの時間を早めて行きたいところです。

それでは、また。

 

近況報告とブログを続けるために考えたこと

皆さんおはようございます。さいごーどんです。

昨日よりブログを再開して、今日はどんなことを書こうかと考えていました。

まあでも、まずは今どこにいてどんなことをしていて、どうしてブログ再開に至ったのかをお話したいと思います。

 

すでにブログの説明にも書いてありますが、今私はフィリピン、セブ島にいます。そこで何をしているかというと、インターンシップです。平日の9時から18時まで、セブで働いています。その職場についてはまた改めてしっかり書きたいのですが、実はこのインターンシップがブログ再開に大きな影響を与えました。

インターンシップ生には寮のような住居が与えられるのですが、なんとその部屋と建物にはインターネット環境がありません。フィリピンの通信SIMを使っても、3G回線しか使えず、それもメッセージを送るのが限界です。

それでは、どうするか。単純な話ですが、職場に早く行って、インターネットを使い終わってから部屋に戻り、寝ることにしました。

だとしたら、朝早く職場に来ないと、メール返信などプライベートなことでネットを使う時間が取れません。それなら、逆に朝早くにきてブログが書けるのではないか?と気づきました。

 

前回のブログは、なんだかんだやることが多く忙しい寝る前の時間帯に書こうとしていました。しかし、それでは毎日つけている日記とやることが同じになり、なんだか面倒になっていったのです。しかし、朝にすれば他にやることはあまりなく、すっきりとした頭で、十分なやる気とともにブログを書けます。しかも、前日の日記の内容を活用でき、毎日の振り返りをより一層強化できると考えました。

そのような事情のため、これからのブログでは思ったこと、考えたことを中心に書き、時々思い出したかのように香港やフィリピンのことを書くと思います。

そのあたりは後々カテゴリわけをしますので、興味のあるものだけでも読んでいただけると嬉しいです。

 

今日はとりあえずこの説明だけで終わります。

それでは、また。

ご無沙汰しております。

みなさんおはようございます。

さいごーどんです。

 

ちょっと忙しくなって更新できなくなったので一旦非公開にしよう。とか思って非公開にしたら、案の定以降ずっと書かなくなってしまいました。恥ずかしながら。

 

香港生活も終わり、一時日本にいて、そのあと今はセブにいるさいごーどんです。なんだかちょっと不便な生活になったのですが、その時さいごーに電流走る!!

逆にブログを書くのには非常に適した生活を送れそうになったことに気づきました。

香港からは離れているので、まだ書けていない香港情報は小出しにしつつ、とりあえず目標は「続けること!」として、日々あったこととそのことに対する考えを書いていきます。

明日以降また触れるかと思いますが、おそらく更新は毎朝7時半~10時くらいの予定です。

もしまた読み始めてくれる方がいたら、ぜひよろしくお願いします。

Facebookなどでの告知は、もうちょっと続いてから。。というのが本音です。(笑)

奇跡的に見つけてくださった方は、なにとぞよろしくお願い致します。

それでは、また。

英語はあんまり使えません。。:香港の言語事情

みなさんこんばんは。さいごーどんです。

 

昨日期末試験の1つがまた終了し、いよいよ中文大学留学終了まで実感が湧いてきました。

その試験の際に広東語と英語の両方でテストの説明と注意喚起がなされたのですが、この順番が広東語、英語の順だったんです。そのため、広東語を完璧に理解できる周りの香港人の学生が先にテスト用紙を開き始め、私はなんのことか分からずキョトンとしていました。その後の英語の説明を聞いて何をすれば良いのかが分かったのですが、他のテストでは全て英語での説明が普通だったため、今日は少しびっくりしてしまいました。

そこで、そう言えば香港で使われる言語は外から見えるそのままではないということを思い出したので、今回はそのことをテーマにしたいと思います。

 

香港で使用される言語は、大きく3つあります。圧倒的によく使われるものが「広東語」、次いで「普通話(北京語)」と「英語」が使われている言語です。普通話とは中国の共通語で、いわゆる中国語です。厳密には普通話と北京語は違うそうなのですが、日本人としてはほとんど同一視しています。香港の友人に聞く感じでは、普通話=マンダリン(英語表現での中国語のこと)≒北京語 みたいです。

今回は混乱を避けるべく、普通話という表記で進めていきます。

読む・書く、話す・聴くのどちらなのかによって普通話と英語の使用率は変化しますが、今回は主に会話で使われる(話す・聴く)ものの話をしたいと思います。 

 

 

まず、圧倒的に使用されているのが広東語です。これは中国語の一方言として捉えられますが、同じ中国語なのに普通話とは全く違う発音をし、完全に別の言語です。もし広東語を勉強したいのなら、普通話とは別に学ぶ必要があります。この広東語は本当にありとあらゆるところで話されており、もし広東語ができれば香港での生活はかなり楽になります。一般的に英語が通じると思われる大学でも、寮のスタッフや清掃の方まで含めると広東語しか話さない人も大勢います。また、日本人は見た目で区別がつきにくいため、スーパーやお店でも最初は確実に広東語で話しかけられるでしょう。

次いで話されるのが普通話だと思われます。これは中国本土から香港に来ている人が一定数いることに加え、ここ最近は中国本土からの観光客によって香港経済が潤っているため、彼らとコミュニケーションを取るために普通話を話す人が増えているためです。実際、英語と普通話を話す友人と外へ食事に出かけた際も、英語よりも普通話のほうが通じる事が多いです。というよりも、英語が通じないことが多いといった印象でしょうか。ただ、これは大学が新界地区にあるということで、その周辺のお店の場合はそうなっていることが多いというだけかもしれません。

会話については、英語は最も使えない言語のように感じられます。各レストランに大体1人か2人くらいは英語の通じる人がいるのですが、その場合でも英語でのメニューと広東語でのメニューの表現がかなり違っていて、通じないことが多々あります。それ以前に、こちらの英語力不足という場合もありますが。。(例えば焼肉なら、豚、牛、鶏くらいは言えても、それぞれの肉の部位を完璧に言えないことがあります)

そもそも、先に述べたように英語でいきなり問いかけられることは非常に稀であるため、少しだけでも広東語の表現を覚えて、メニューを見ながら指差し注文できると良いかもしれません。この点、日本人は少し有利で、広東語で使われている漢字は日本語と同じ繁体字なので、読めなくても意味だけは分かることが結構あります。また、メニューに関してはよほどローカルのお店へ行かない限り英語も併記されていますので、英語と漢字の両方から意味を理解し、注文できます。

ただ、この話は学生が外食として行けるようなお店に限られる話かもしれません。もっと高級なレストランに行けば、きっと英語も余裕で通じることでしょうし、日本語の通じるお店もあるはずです。

 

最後に、体感と実際の統計はどう違うのかを確かめるために香港の公式の統計を見つけました。

http://www.statistics.gov.hk/pub/B11302592016XXXXB0100.pdf

(出典:香港特別行政區 政府統計處 Census and Statistics Department Hong Kong Special Administrative Region > 主題性住戶統計調查 第 59 號報告書 Thematic Household Survey Report No. 59)

この資料の90ページ5.9によると、どうやら統計的には英語のほうが普通話よりもより日常生活で使われているみたいですね。そのことは、102、103ページの表からも読み取れます。

香港島や九龍のほうだとビジネス関係で英語がより使われているのかもしれません。感覚だけで判断してはいけませんね。

 

いずれにしても、英語を使う機会が比較的少なくなってしまう香港は、英語を学ぶための留学先としてあまりおすすめできません。ただ、言語1つを取ってみても様々な言葉が入り混じり、同じ中華文化なのに違いがあるという独特の環境でならではの気づきがあることは間違いないでしょう。

 

今回は、意外と英語が通じなくて不便だったということをテーマにしてみました。

読んでくださりありがとうございました。それでは、また。

称号「蚊の天敵」を獲得しました

みなさんこんばんは。さいごーどんです。

 

最近の香港は激しい雷雨に襲われる日が多く、そうではない日でも突然のにわか雨が降り、天気が全く安定しません。また、気温も晴れている日なら30℃近くまで上昇するのに対し、朝から分厚い雲に覆われている日だと23℃くらいになることも多くこちらもまた不安定な日々が続いています。

ただ確実に気温は上昇し始めており、いよいよ夏が来るという感覚です。

 

夏の到来に合わせて、多くの虫たちが姿を見せ始めます。まあ冬でもそれなりに多くいるのですが、特に多いのは「蛾」です。寮の中にも沢山侵入しており、それはもう多種多様の蛾と触れ合うことができます。もちろん実際には触りませんが。

蛾は昼間は基本的に活動せず、近寄らなければ飛ぶこともないため特に問題ではないのですが、最近急速にその勢力を拡大しているのが、「蚊」です。

日本語の発音では濁点があるかないかだけの違いしか無い両者ですが、実際に目の前に現れるとなると蚊ほど厄介な虫はあまりいないのではないでしょうか。この虫たちがここ数日寮内に大量発生しており、本当に廊下に出る度に2〜3匹は目にします。

ちなみに私の苦手な虫ランキング第一位は「ムカデ」です。香港ではほとんど見ないのですが、一度だけ、本当にそれはもうとてつもなく巨大な奴を発見したことがあります。長さも太さも尋常ではなく、30センチ位の長さ、5センチくらいの太さがあったのではないかと思います(※大げさに記憶補正がかかっているかもしれません)

話が少し逸れましたが、とにかく最近蚊に遭遇することが多いのです。ただ、実は私は蚊が全く苦手ではなく、むしろ得意な虫と言っても過言ではありません。得意と言っても養殖しているとかそういうわけではなく、単純に対処ができるというだけです。みなさんは蚊を見かけて退治しようとするとき、どうされるでしょうか。両手で叩き潰す、何か道具で叩き潰す、殺虫剤を使用するなどいろいろあると思いますが、私の場合は片手だけで蚊を掴み、握りつぶすという方法です。この方法だと一瞬で蚊を捕らえることができ、個人的にはかなり成功率が高いと思っています。その一方で握りつぶしきれていなくて手を開けた時に逃げられることもあるのですが。

 

先日、友人たちと一緒に食事を作り、食べる機会がありました。その際にも蚊が大量にいたため、準備をしている私たちに容赦なく襲い掛かってきます。しかし、先述の撃退方法により次々と蚊をやっつけ、ついには一匹もいなくなりました。実はその日は朝起きて顔を洗い水を汲みに行く際の往復だけでも6匹ほどやっつけていたので、その日だけで15匹ほどの蚊を撃退したことになります。

我ながらなかなかやるなと感じていたのですが、その時にふと気づきました。明らかに蚊に狙われやすい人と、そうではない人がいると。一緒に準備をしていたメンバーの中に1人だけ女性がいるのですが、その人ばかりが狙われているのです。一方、一番狙われないのは誰かというと、私です。蚊が近づいて来るものの、刺そうとはしません。そして最終的にやっつけてしまいます。そういえば、昔は蚊に刺されて痒くなっていたと記憶しているのですが、ここ数年では蚊に刺された記憶がほとんどありません。刺されているのかもしれないのですが、痒くないのです。

調べてみると、どうやら蚊に対して免疫ができているらしいということが分かりました。そういえば先日行ったフィリピンでも多くの蚊を見かけたにも関わらず、刺されなかったなあと思い出します。免疫はあくまでも刺されても痒くならないというだけのようなので、もしかしたら刺されていることに気づいていないだけかもしれないのですが。

その話も踏まえて最終的に、その食事に参加していたメンバーから「蚊の天敵」という称号を頂いたというわけです。

 

ただ、ほとんど主観で判断しており、実際のところは分かりません。また、デング熱に代表されるようなウイルス、細菌に虫が原因で感染する可能性も高いため、きちんと気を付けなければと思います。

日本より気温の高いところでは沢山の虫と出会えるので、新たな発見につながります。全てが楽しく嬉しい出会いでは無いかもしれませんが、それも含めて海外を楽しむ1つの要素として捉えられるのではないでしょうか。

昔から結構虫が好きで、前回の中国旅行の際には虫のフライ(?)を食べたこともあるため、なんとなく虫について感じたことをまとめてみました。

今回も読んでくださりありがとうございました。

それでは、また。