さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本とセブを行ったり来たり 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

新しいニーズを探るチャンス

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、社内で色々と新しい取り組みが始まっています。働き方を変えるということもそうですが、社会の変化に対して提供するサービスを変えようともしています。もともとオンラインで提供しているサービスがあるため、その応用として考えています。

社会が大きく揺さぶられ変わるタイミングには、人々のニーズも大きく変わります。新しいやり方に対応しなければならないからです。ということはつまり、自分のニーズも変わるはずです。サービスを提供する側の視点としてどのようなものが求められているかということは考えやすいのですが、自分が何を求めているかということは実はあまり考えないのではないでしょうか。

私は一人なので身軽ですが、例えば子どもがいて、急に休校にされると困り、学校に代わるサービスが必要になる。これは目の前で起きている喫緊の課題です。もちろんニーズがあります。しかし、実はその先にもっと深い、生き方や暮らし方自体をがらっと変えてしまうような欲求もあるのではないかと思うのです。

このような時でもほとんど影響を受けないのはどういったサービスか。逆に影響を受けるとしてそれを最小限に抑えるためのサービスは何か。それは自分でできるか。そもそも自分の生活がどのようなものだったらあまり困らなかったのか。それは本気で実現したいものか。考えられることはとても幅広くあります。

色々なことを考えていかないといけないからこそ、どうせならそこに自分自身も入れてみる。それがまた次回に生かせる経験を得るためには良いのではないかと思います。

それでは、また。