さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本とセブを行ったり来たり 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

時計のない車に乗って

いつものごとく帰省からの移動は早朝便で移動してそのまま仕事へ向かいます。早朝の移動なので空港までの道はかなり空いており時間には割と余裕があります。しかし今朝は少し焦り気味でした。

それは今の実家の車には時計が付いていないからです。事情があって代車を使っていますが、その車にはカーナビが付いていません。そしてハンドル奥の表示部にも時計がないようで、運転しながら手軽に時間を確認できないのです。

代車を使う期間は短く、普段はそこまで大きな問題ではありません。そもそもスマホや腕時計を見れば済む話です。しかしパッと見られる時計に慣れてしまっているため、つい時計を探してしまいます。運転しながら携帯を取り出して見るというのは危ないためできればしたくないため、それもまた当然だと思います。

時間を気にしないで良い時や、かなり余裕を持って出発している時でも、時計は見たくなります。感覚でなんとなく分かる時間もありますが、それだけを頼りにするのは不安です。しかし時計を何度も見るということは、時間に意識の大部分が割かれているということでもあります。

時間は有限であり、貴重なものです。日々の時間の使い方を把握することは、とても重要です。しかしその意識の仕方としては、もしかするとあるところではしっかりと細かく、別のところでは割とルーズにという方が、精神的に安心できるのかもしれません。

時計がない車で帰省の最後の移動ができたことで、またリズムがリセットされたような気がします。これからしばらくは、時間をしっかり意識する期間です。

それでは、また。