さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

配置は忘れてしまうもの

今回のお引越しは、一年前に動かしたものを元の場所に戻す作業が多くあります。新しく購入したものはごく一部の家電くらいなので、昨年運び出した時の空間が残っていればそのまま入るはずなのです。とは言ってもそううまくはいかないものですが、どのように物を整理するか考えた時のイメージはそのような感じでした。

さてそのように決めたは良いものの、どこに何を置いていたのかすっかり忘れています。物置に置かれていた冷蔵庫と食器棚の配置順すら思い出せないのです。普段使わず、また長期間ずっといなかったとはいえ、運び出したのはつい一年前のことなのです。全てがバラバラになっているわけでもないのに、全く記憶にないことにびっくりしました。

そういえば昔遊んでいたゲームで、いくつかのアイテムの配置を覚えて並べなおすというものがありました。そのゲームもまた、全てのアイテムがバラバラになるわけではなく一部は残ってヒントになっていたように思います。今やり直したらそれぞれの頭文字だけを唱え続けるなどしていくらでも対応できそうですが、当時の自分はこのゲームがとても苦手でした。目の前にお手本があるときには、覚えたつもりになってしまうのです。

家の物置の配置であれば、忘れてしまってもまたやり直せば良いだけのことです。やり直した結果良くなることもありそうです。ただ、これがもし繰り返しの仕事だとすると、やはり効率的に思い出せるような工夫が必要だと感じます。それこそが創っておきたい仕組みであり、日本にいるうちになんとかしたいことだと思います。明日からは、その辺りにしっかりと注力したいと思います。

それでは、また。