さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

物理的に距離を取る

昨晩の便で地元に戻ってきました。今日が年内では最後の出勤日でしたが、お休みをもらって少し早めの帰省です。今日も電話の対応やメール返信など少しは仕事をしましたが、ゆっくり過ごせました。

デスクやプリンタがないだけで、パソコンやスマートフォンはあるためほとんどいつもと変わらない仕事ができます。出張の時にも感じますが、ゆっくり腰をおろせる場所とインターネットさえあれば大抵のことはできてしまいます。しかし不思議なことに、物理的に遠くなるとなんとなく仕事からも離れられたような気がするのです。なんというか、リラックスできる度合いが違うのです。

もちろん、ここまでは頑張ろうという日を過ぎたからそのように感じるということもあります。ただなんというか、遠くにいるということで仕事をしない言い訳ができているように思うのです。

そのようなことを思った時、フリーランスの方や出張がずっと連続して入る人はすごいなと感じました。拠点となる場所から離れてもやる気を維持してきちんとやるべきことをできるのです。また、ここなら何の心配もなくリラックスできるという場所があるのかどうかも気になります。どこでも拠点となり、あるいはどこでも落ち着けるのかもしれません。それは今の私がまだたどり着いていない境地なので、興味があります。

やるべきことややりたいことができるなら、拠点の有無やリラックスできる場所の確保というのはそこまで重要でも無いと思います。合理的に考えればそうなのですが、いざ自分がとなるとそうもいきません。色々なスタイルの生活を模索するのは、これからもっと考えてみても良さそうです。

それでは、また。