さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

何かのためのお休みじゃなく

今日は忘れ物をしてしまい、お昼のお休みを使って家へ戻りました。家まではそこまで遠いわけではないため、散歩がてら歩いて戻ることにしました。時間を見て余裕がなさそうであれば帰りは電車にすれば十分間に合うことが分かっていたので、ゆっくりと移動しました。

たまに歩いて帰るときに使う道と同じ道を使って帰りましたが、お昼に歩くといつもとは全く違った光景に出会えます。一番顕著なのは居酒屋で、夜だとお客さんがたくさん入っていても行列まではできていないお店に、人だかりができているのです。もちろん、ランチを食べようとしているお客さんたちです。夜しか営業していない居酒屋はほとんどないと自分のオフィスの周りのお店を見てよく分かっていたはずなのに、やはり見慣れていないということでびっくりしてしまいました。

お休みを取るということは、個人的には少しだけ決心が必要なことのように感じます。それは、何か急に休まなければならなくなったときのために残しておきたいと思うからです。また、連休などにくっつけることで旅行に行ったり帰省したりもできます。そのようなことがまず第一に思い浮かぶので、特に何も予定を立てずにお休みを取るというのは、少し抵抗があるのです。

ただ、自分の住んでいる街、あるいは働いている街の違った一面を見つけるという目的でお休みをとってみるのは、思っているより良いような気がします。それは、しっかり休むということと、適度に楽しむということ、その両立ができているように思うからです。

こんなことを思いつつも、えいやでお休みを取る決心はまだついていません。それでも、一つ新しい見方ができるようになったと思います。

それでは、また。