さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

土日に仕事はしないと決めましょうか

学生時代にはインターンシップというものをやっており、それがかなり自由だったので土日や休日という概念があまり強くありません。同様に就業時間という概念もあまりありませんでした。しかし今では立場が変わっているので、そうはいきません。私の今いる会社はかなり自由に働ける体制ですが、それでもかつてよりルールがしっかりしています。

さて、そうなると難しいのは、働く時間をどうコントロールするかということです。やらなければいけないことはともかく、やるべきことはいくらでもあります。そうなると、いくらでも時間をかけられます。しかしそのようにするとキリがありません。個人的には今はしっかりと集中して仕事に取り組みできることの範囲を広げていきたいところですが、同時にうまく働く方法の概念を知ることも必要だと感じます。だとすれば、上手に仕事とそれ以外の時間を分けられるようになりたいものです。

土日に、あるいは帰宅してから仕事をするのはどうなのでしょうか。おそらく理想は、そういった時間にしなくても済むように働くことです。ただそうは言っても、急ぎの連絡が入ってくることはあります。またそうではなくとも、お客さんや取引先から早めに返事をしたい話が来たら時間など関係なく返信すると思われます。そういったことまで制限をしていると、きっと融通が利かないと思われます。ただ一方で、何から何まで時間や休日に関わらず返していたら、相手も自分のことを休みでも仕事をする人と考えていつでも連絡してくるようになりそうです。これはおそらく、双方にとってあまり良くないことです。

結局のところ、自分にとっての基準を決め、それに従うしかないようです。そしてそれを関わる人にも理解してもらい、ある程度合わせてもらえるように振る舞うしかないのです。もちろん立場や仕事の内容によって変わってくる場合がほとんどだと思います。ただ、こういったことは気になったまま放置するよりも、やり方を学ぶべきだと感じます。私はとりあえず今のところの方針としては、メールやメッセージチェックだけにとどめようと思います。

それでは、また。