さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

世界共通のツールを持とう

今日は仕事でイベントに参加しました。英語を使ってのアクティビティができる機会を儲けようということで企画したものですが、段々と参加してくださる方も増えてきています。

今回の会場は、お世話になっているIT会社のオフィスをお借りしました。ただ日程を決めたのが早すぎたので、まさかのワールドカップ日本対コロンビア戦と日付が被ってしまいました。イベントの終了がちょうど21時だったので終わってすぐに近くのお店に入ろうと話していたのですが、まさかの会場で観られるように手配をしてくれていました。

その会社は本当にいろんな国の方がいる場所で、対戦相手のコロンビア出身の方もいらっしゃいました。母語が全然違う方ばかりなので、共通言語は英語です。幸いにも私は英語を話すので、コミュニケーションができました。ではこの会社がどうしてこんなにグローバルな人材を雇えているかというと、おそらくITという共通言語があったからです。そのあと、コミュニケーションの手段として英語を使うようになったのだと感じます。

私は英語を使いますし、英語を扱う会社にいます。その中ではなかなか感じにくいのですが、実は共通言語を持っていると非常に楽しいみたいです。みんながサッカーの試合を楽しめる。そういう環境はなかなか作りにくいのではないかと感じました。

英語を必ず学ぶ必要はないと思います。ただ、話せると、コミュニケーションができると楽しい。そんな風に痛感した日でした。

それでは、また。