さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

雲散霧消の記録術

私は何か悩みや気になることがあると紙に書くようにしています。厳密にはEvernoteにまとめるだけで紙を使わない場合もあるのですが、いずれにしても自分の考えていることを見える形にして整理するというのは大切です。ただ、全てのことを書き出してしまうのはもったいないような気もしています。というのも、何かを書いてしまうとそのことが一旦気になることから抜けてしまうように思うからです。

何かが整理されると、そのことをどのように進めて行くか、解決するかということがイメージでき、あとはそれを実行するだけになります。その状態になると、不安や焦りというものは無くなります。むしろやる気になってワクワクするものです。したがって、書き出した結果そのような状態になれるものであれば絶対に書いた方が良いです。しかし、すでに終わった失敗や過去のことでどうにもならないことを書き出してしまうと、そのことから学ぶこともまとめて片付けられてしまうような気がします。そのようなことはあまりにも抱え込むと問題ですが、多少きになる程度であれば持っておいた方が良い刺激になると思うのです。

悩みというものは、解消すべきものです。ストレスによって日々の生活に支障が出ることすらあります。しかし、終わったことは本来悩むべきことではありません。それでも気になるのなら、それはまだ学びがたくさんあり、今後も気をつけていけるということです。そのようなまだ活かせるものを無くしてしまうのは、実はかなり惜しいことのように思うのです。

だからと言って記録をやめるわけではありません。これは必ず必要なことだからです。ただ、何もかもが雲散霧消してしまう一面があるということを意識して、うまく付き合っていきたいと思います。

それでは、また。