さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

時計を身に着けることにしました

高校生になってからくらいだと思いますが、時計を着けなくなっていました。おそらく高校生になるまでは携帯電話を持っていなかったからです。単純に時計が重くて着けるのが少し面倒になったというのもあると思いますが。

時計を着けていると、ぱっと時間を見られるので便利です。また、学生の頃であれば試験中に手元で時間を確認するためという理由もありました。ただ、逆に言うとそれだけしか持つ理由がないのです。携帯のような他に時間を確かめられるものがあれば必要なく、試験についてもその時だけ忘れないように注意すれば事足ります。だからこそここ7年間くらいはずっと身に着けなくなっていたんだと思います。

ではなぜ今になって身に着けようと思ったのか。スマホを見る時間がちょっと煩わしくなったのか。スマホで時間を確認できないような状況が増えてきたのか、もしくは増えると想定されるのか。どちらも理由の一部ではあります。しかし一番の理由は、なんとなく時計を着けたくなっただけです。自分でもなぜ突然そう考えるようになったのか、実はいまいち分かっていません。たまたま何かを買いたいなと思っていたところに、ちょうど良く手頃で買えて使うものとして見つけたのが時計だっただけかもしれません。時計を身に着けている自分が格好良いと思ったのかもしれません。自分で分析しても、なんというかそのすべての気持ちがありつつでも核心ではないという感じなのです。

言ってしまえば衝動買いの一つだと思います。それでも、自分としてはレアな感覚だったので、それに従ってみることにしました。個人的にはデザインも気に入っており手頃で、良い買い物ができたと思っています。こういった後悔のかけらもない買い物は最近あんまりできていなかったような気がします。時計を見る度に嬉しくなるので、その勢いで記事にしてみました。

それでは、また。