さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

セブでのタクシーの乗り方

みなさんおはようございます。

さいごーです。

 

最近タクシーネタが続いています。
その理由はやっぱりタクシーでの移動が多いからですが、今回は昨日ぼったくられてしまったというのが大きな要因です。

マクタン空港からタクシーに乗る場合、外に出てから右にずっと歩きます。
すると、TAXI BAYと書いてある場所があり、そこで二種類のタクシーに乗れます。
これも看板に書いてあるのですが、黄色い空港タクシーと白い一般タクシーですね。
空港タクシーは初乗り70ペソ、さらに距離料金も一般タクシーより高めです。
一般タクシーの方は初乗り40ペソなので、基本的にはみんな一般タクシーを使います。

昨日はかなり激しい雨が降っていたということもあり、どちらのタクシーも行列ができています。
それでも一般タクシーの方はかなりの台数がやってくるので、そこまで待ちません。10分くらいで自分の番がやってきました。
ただ、いざ乗り込んで行先を告げると、明らかにその場所が分かっていない様子。
そして少し考えた後に、300ペソと言われます。
ITパークの方ならそのくらいかかるのでむしろ良いのですが、今回の行先はマクタン島(空港がある方の島)の学校です。さすがに300ペソはかからない距離です。
しかし、よく見るとメーターを起動しないとかそういう次元ではなく、そもそもメーターがついていない(笑)
仕方ないのでとりあえず200と交渉し、間を取って250まで値切って向かってもらいました。メーターがないので、領収書も出ない。。失敗しました。
助かったのは、とりあえず行先は分かっていたことです。
訳も分からないところに連れて行かれて、お金だけ払えというのはさすがに厳しいです。ちなみにこの運転手、降りるときにはやたらとにこやかに話しかけてきました。
ちょっとずれてます。

セブでは、こちらが観光客だと分かるとふっかけられることがそこそこあります。
あまり頻度は多くないのですが、メーターを起動しなかったり、定額で少し高めの金額を要求されたり。
時間に余裕があるときは、じゃあ降りる!と言って降りてしまうのも一つです。
特にタクシーがすぐに拾える場所ならなおさらです。

そんな時間がない時には、とりあえずメーターを使うように言います。
それでチップを要求されたら、メーター+30とか50とか、そういう金額を提示します。
定額での交渉だと、かなり難しくなってきます。
特に行先についてどのくらいかかるのか分からない場合は、避けた方が良いでしょう。
あとは、どうにもならないと感じたらおとなしく払いましょう。
100ペソ多くとられても、日本円にしたら220円くらいです。
微々たる差かどうかは人によると思いますが、トラブルを避けるためと考えれば必要な出費だと割り切れます。
トラブルになっても、絶対に勝てないので。

こんな情報は既にいろんな方が書いていますが、それでも自分がトラブルに遭うと書きたくなりますね。
やっぱり人から聞いた話よりも体験するのが重要みたいです。

それでは、また。