さいごーどんの備忘録

香港⇒セブ⇒日本 「毎日続ける」ことを目標に毎日の気づきと、時々現地の情報をお送りします。

単純作業と想像力

みなさんおはようございます。

さいごーです。

 

昨晩はこちらの時間での深夜1時ごろまで残って仕事をしていました。
仕事と言っても団体で留学されている方の教材をホッチキスで留めていくだけの簡単で単純な作業だったのですが、とにかく量が多いので時間がかかったわけですね。

 

簡単で単純な作業の繰り返しは、一般的にはあんまり楽しい仕事ではなくて、学びも少ないと言われる印象です。
実際、毎日同じ作業を繰り返すのであればその通りだと思います。
さすがに毎日ホッチキスをパチパチやるだけの仕事は嫌ですね。
ただ、たまにならこんな作業もなかなか楽しいのではないかと昨日は感じていました。

その作業はどうせやらなければならないので、そもそもやらないという選択肢はありません。それならば、いかに短い時間で終わらせるかどうかということに集中します。
一つ一つの動作はどのようにすれば最も速くなるのか、その動作を実現するために必要な道具の配置はどうであるか、他に一緒に作業する方がいるならどういう連携ができるかなど、いろいろなことを考えられます。
重要なのは、単純な作業であればある変更を加えたことによる結果がすぐに見えるということです。試行錯誤を何回もできるということですね。
こういった、あることを試してダメだったらまた変更して最善のやり方を見つけていくのって、個人的にはすごく楽しいと思います。
これが難しいことや複雑なこと、あるいは長いスパンで考えないといけないことであればすぐに結果が出るわけではないので、このようにはいきません。
こういった単純なことから少しずつ学びを得て他のことにも応用できるとワクワクします。

また、単純作業の間は思考が進む感覚があります。
先日の記事(思考を深めてくっつける時間)で、お風呂(シャワー)の時間が最も思考が深くなってアイデアが出てくる時間だと書きましたが、その感覚に近いです。
おそらく、目の前のことは考えなくてもできるしある動作の繰り返しであるため、他のことを考える余裕があるということです。
そして、その時やっている動作からある着想を得ると、そこからどんどん記憶や情報がリンクしていろいろなことを考えます。思考が流れていく感覚ですね。
この感覚が、何といっても心地良いんです。
本当に脳が動いているのかどうかは分かりませんが、自分としてはかなり動いている感じがします。
まあとは言っても作業中なので考えたことをメモするわけにもいかず、作業が終わるころには考えたことなんて忘れているのでアイデアを思いつく時間としてはどうかと思いますが(笑)

 

昨晩は、どんなことからも学びは得られるし捉え方ひとつで楽しめるなと再確認できた日でした。
といっても、しばらくホッチキスでの作業はいらないので、今度はしっかり頭を使う仕事に移ります。

それでは、また。